脱乾燥肌で肌トラブルのブロック!

近年は、冬のみ留まらず一年中乾燥肌に悩む女性が増えています。

肌が乾燥すると化粧のりが悪いだけではなく、バリア機能が低下し、あらゆる肌トラブルに陥りがちになります。

口元のザラザラや、フェイスラインのブツブツなど慢性的な肌荒れも、肌の水分と油分のバランスが崩れている事から引き起こる場合が多いとされています。肌トラブルを隠す為に、しっかりメイクをしてカバーをする事も多いと思います。

毎晩そのメイクや汚れを落とし肌を清潔にする、そして潤す(手入れをする)事が重要です。肌に負担がかからない、洗い流すタイプのメイク落としや、泡で出てくる洗顔料をお勧めします。洗い流すときは、熱すぎないぬるま湯で肌に必要な油分を落とさないようにしましょう。

その清潔な肌に、化粧水(水分)や乳液(油分)をやさしくマッサージするように塗りましょう。乾燥は肌への血流不足も原因のひとつです。優しいマッサージで血行を促しましょう。

最後に手のひら全体で、顔を包む込むようにやさしく抑えます。

夜のケアがこれだけできていれば、毎朝の洗顔は、ぬるま湯で流すだけで大丈夫です。あれこれと「ケアしすぎない、きちんとしたケア」が必要です。いつでもしっとり潤いのあるお肌が理想ですね。

綺麗にいるためのスキンケア

年々老化が気になるのですけれど、歳を重ねてもキレイで憧れられる存在でいたいです。

そのために必ず毎日欠かさずしていることは、朝晩のスキンケアです。綺麗な素肌をつくる努力をすることで、20歳の時の肌にはかなわないけれど、同年齢の人よりキレイでいる努力を続けています。

スキンケアのポイントは、まずはきれいに洗浄をすることでしょう。素肌をきれいにしてからでないと、そのあと付ける化粧水や乳液の吸収の妨げになります。メイクをした日は必ずクレンジングオイルとクレンジングフォームのダブル洗浄を心がけて、たっぷりの泡で包むように洗います。

すすぎは何回も丁寧に洗います。人肌で洗うのがいのですよね、肌の大切な潤いを逃しすぎず、汚れをしっかり落とせます。力を入れすぎないで、どんなことも詳細まで丁寧にケアするように心がけています。

肌を清潔にしたあとに、乾燥した肌をいたわるようにたっぷりと丁寧に化粧水や美容液を肌の中に入れ込んでいきます。

肌は水分の塊で、生きている限り乾燥との戦いですから、常に保湿をするように心がけます。使うコツは化粧品の使用感の軽いものから重たいものへ。それが化粧品の肌への吸収を良くして綺麗な肌を作るコツだと思います。

不安で使用をやめたピーリングパック

ある日、カフェで友人とお茶をしているときに、よくよく彼女の顔をみると、メイクにありがちな塗っている感がまるで感じられず、尋ねてみると、なんとファンデーションを使っておらず日焼け止めだけだというのです。

しかも数ヶ月も前から使っていないと聞き、驚きました。それまで全く気がつきませんでした。

シミやムラもなく、しかも透明感があります。つやつやっと光って見えます。

美肌の理由を尋ねると秘密はピーリングパックにありました。早速紹介してもらい購入しました。洗顔後のお肌に塗ってしばらく放置し、洗い流すというものでしたが、彼女はバスタブに使っている間は塗ったままで、長いときは20分くらい放置していると言います。

最初はちょっとぴりぴりするけれど、そのうち慣れるとのことでしたので、しばらくは彼女のアドバイスどおりに使っていました。

10日もすると、肌のざらつきが取れてきてピーリングの効果が感じられました。うれしくなり、3ヶ月ほど使い続けました。しかし、だんだんと肌が薄くなってきたような感覚があり、なんだか肌がぴかっと光っていることになんだか違和感を感じました。

どんどんお肌を削り取っているのでは、このまま使い続けてよいのだろうか、と不安になり結局使用をやめました。今は以前のようにざらつきもありますが、再びピーリングパックを使うことはないかな、と思っています。

いつまでも綺麗にいるためのスキンケア

年々老化が気になるのですけれど、歳を重ねてもキレイで憧れられる存在でいたいです。

そのために必ず毎日欠かさずしていることは、朝晩のスキンケアです。綺麗な素肌をつくる努力をすることで、20歳の時の肌にはかなわないけれど、同年齢の人よりキレイでいる努力を続けています。

スキンケアのポイントは、まずはきれいに洗浄をすることでしょう。素肌をきれいにしてからでないと、そのあと付ける化粧水や乳液の吸収の妨げになります。

メイクをした日は必ずクレンジングオイルとクレンジングフォームのダブル洗浄を心がけて、たっぷりの泡で包むように洗います。すすぎは何回も丁寧に洗います。人肌で洗うのがいのですよね、肌の大切な潤いを逃しすぎず、汚れをしっかり落とせます。力を入れすぎないで、どんなことも詳細まで丁寧にケアするように心がけています。

肌を清潔にしたあとに、乾燥した肌をいたわるようにたっぷりと丁寧に化粧水や美容液を肌の中に入れ込んでいきます。

肌は水分の塊で、生きている限り乾燥との戦いですから、常に保湿をするように心がけます。使うコツは化粧品の使用感の軽いものから重たいものへ。それが化粧品の肌への吸収を良くして綺麗な肌を作るコツだと思います。

ちふれ オールインワン 通販